ビザ申請代理を兵庫県は神戸市にて相談に乗っております。合わせて帰化・永住・短期滞在のご相談にも応じております。

資格外活動許可

資格外活動許可とは何か?

資格外活動の許可(入管法第19条第2項)とは
外国人が、現在神戸もしくは大阪の入国管理局より与えられている「在留資格」上の活動を行いつつ、
その在留資格に許容されている活動以外の活動で収入を伴うものまたは報酬を受ける活動を
副次的に行おうとする場合には、法務大臣の許可を得て行うことができます。

中国語では「打工証」とも言います。
例えば、留学生はアルバイトするためには、資格外活動許可を取らなければいけないです。

活動に制限のない在留資格は何ですか?

活動に制限のない在留資格は、4つあげられます。
1.「永住者」
2.「日本人の配偶者等」
3.「永住者の配偶者等」
4.「定住者」
以上の在留資格を持つ人は、報酬を受ける活動に従事する場合でも、資格外活動の許可を受ける必要はありません。

どんな場合に資格外活動許可を受けなければならないのですか?

1.「留学生」がアルバイトをする場合
2.「人文知識・国際業務」「技術」などで日本の企業に勤めている外国人や
その妻(「家族滞在」)などが報酬を得て通訳・翻訳の仕事をする場合
3.その他

資格外活動許可を取得後、就労時間の制限がありますか?

「留学」・「就学」の場合は、資格外活動の許可を得ることに
より原則として周28時間以内であれば、就労が認められます。

福来る
ビザ申請へのお問い合わせ

ページトップへ

お急ぎの方、ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡ください→078-200-6039

神戸帰化申請    神戸元町中国語教室   神戸遺言相続書類作成


Copyright(C)2006-2017 神戸大阪でのビザ申請取次事務所. All Rights Reserved.

あなたのご相談に応じて、以下のメニューをご参照くださいませ

兵庫県は三田市にて宮本行政書士事務所を運営する宮本行政事務所に関して


事務所名 宮本行政書士事務所
事務所長 宮本健吾
業務の範囲 兵庫県内及び
全国対応
所在地 〒651-0088
兵庫県神戸市中央区
小野柄通5-1-27
第百生命神戸三宮ビル7F
>>詳細地図
メール メールアドレス
電話番号 078-200-6039
FAX番号 050-3660-8633
微信 kengomiyamoto
LINE kengomiyamoto
スカイプ名 kengomiyamoto

ビザに関する基礎知識

入管専門宮本行政書士の写真
行政書士ボタン

申請取次
行政書士
宮本健吾


微信のスキャン画面↓

微信の連絡先
微信番号:kengomiyamoto

LINEのID問い合わせ用
LINE ID:kengomiyamoto

日本語⇔中国語翻訳

兵庫県神戸・元町・大阪にて中国語の翻訳・通訳を行っております。
お気軽にお申し付けください。

あなたの母国語に翻訳してご使用ください。

お勧めページ

現在、外国人が介護をするために日本において仕事をがきるよう、新たに、「介護」という在留資格(ビザ)が検討されているようです。(平成22ね3月16日時点)
在留別許可カルデロンさん一家

2009年9月28日時点における在留資格に関する法律改正に関して記載したサイトが以下のページとなります。
在留資格に関する法律改正

飲食業に関する投資・経営のサイト
外国人が会社設立をしていく場合
永住者と地方選挙権
永住権と朝青竜
中国人と生活保護申請打ち切り
富裕外国人への医療検診ツアー
住民基本台帳カードの発行

jitco技能実習制度
技能実習生への講師認定書